一生に一度は見なくちゃ!石垣島の海は特別!

世界でも有数のダイビングスポット!

八重山諸島の中心部に位置する石垣島は「ダイビングのメッカ」と言われています。東京から直行便がでているため、特に日本になじみの少ない外国人観光客にとってもアクセス面で非常に良いですね。また、島内には数えきれないくらい多くのダイビングスポットがあるので、ビギナーから上級者までレベルに合わせてダイビングを楽しめるのも魅力です。そして「海の透明度」は世界でもトップクラスを誇ります。石垣島には大きな河川がないため、土砂や不純物が流出してくることが少ないんですね。不純物が少ない海は、珊瑚が育ちやすい環境になります。その珊瑚を中心に海中での生態系も良好なものとなります。こうして、いつまでもきれいな海が保たれているのです。

ウミガメ、マンタなど大物に出会えることも!

石垣島でダイビングをする魅力の一つに、「海の大物」に出会える確率がとても高いことが挙げられます。この「大物」の代表格がマンタですね。「マンタスクランブル」と呼ばれるポイントもあり、そこではマンタの遊泳乱舞を間近で見られることもあります。マンタに牙や針は無いので、安心して近くで見ていていられますよね。また、ウミガメも高い確率で遭遇することができますよ。陸上ではゆっくりとした動きが特徴的ですが、海中での動きはまさに別物です。とても追いつくことはできません。その他にも「カクレクマノミ」を代表格に、色とりどりの小さくて可愛い熱帯魚が多く見られます。ほかの海と違うのは、その熱帯魚たちの数なんです。大小さまざまな魚が大量に泳いでいる姿は圧巻ですよ。

与論島の旅行は、交通アクセスがさほど良くないものの、手つかずの自然を満喫するうえで大きな魅力があります。